みのる歯科 浮間船渡

インプラント

ご予約はこちら

インプラント治療は他の歯に負担をかけない

歯を補う治療には、ブリッジ・入れ歯・インプラントがあります。ブリッジ・入れ歯では残っている歯に装置を引っ掛けることで、歯を失った部分の噛み合わせを補います。そのため、残っている歯に負担がかかり、寿命を短くしてしまいます。
インプラントは、歯を失った場所以外の歯に負担をかけずに済む唯一の治療方法です。歯を補う治療の選択肢の中でも、高度な技術を必要とします。当院では、お口の健康を長く保つ方法として、患者様にインプラントを薦めています。

みのる歯科浮間舟渡のインプラント治療の特徴

  • CT撮影で顎骨をしっかり検査
  • 国産のGCインプラントのみを使用
  • 院長が最初から最後まで治療を担当

安心の国産インプラント「GC」を採用

あまり一般には知られていませんが、現在世界には200社以上のインプラントメーカーが存在しています。そのうち、日本にあるのは40社以上――。
当院で採用しているGCシリーズ・インプラントは開発から製造までを全て日本国内で行っている正真正銘の国産インプラントです。国産インプラントの中では珍しく、ISO(国際標準化機構)の厳しい基準に準拠した工場で作られています。GC社がインプラント研究開発に四半世紀以上をかけ、安全性と予知性を高めてきた成果がこの長さ1cm弱のパーツに結集されています。

足りない顎の骨は再生が可能

インプラント治療は顎の骨に人工歯根を埋め込む治療法です。人工歯根を固定させるには、充分な顎の骨の高さと厚さが必要です。しかし、中には骨の量が足りない患者様もいらっしゃいます。歯周病に罹っていたり、歯が抜けてから長い年月が経っていたりすると、骨が吸収してしまっていることがあるためです。 骨の量が少ない場合はインプラント手術の際に足りない分の骨を再生させます。手術方法としてはインプラントを埋入する際に、人工の骨補填材を入れて膜で覆うことで、骨芽細胞の増殖を促すものです。これをGBR(骨再生誘導法)と言います。骨の量が心配な方も、まずは一度ご相談ください。

インプラント治療の流れ

診察・検査
まずはカウンセリングを行い、患者様に歯のお悩みや治療に関するご希望をお伺いします。その後、レントゲンや口腔内写真の撮影を行い、歯や顎骨を検査します。
診断・説明
検査結果を基に、症状の診断をします。ご不明点があれば何でもお尋ねください。ご質問がなければ治療計画についてご説明します。同意いただけましたら治療に入ります。
治療
歯周病やむし歯などの症状がある場合は先に治療をします。特に歯周病はインプラント周囲炎の原因となりますので、必ず改善させてからインプラント治療に入ります。
インプラント手術
局所麻酔下にてインプラント手術を行います。歯槽骨の埋入箇所に専用器具で穴を開け、そこにインプラントを挿入します。その後、縫合をします。
治癒期間
おおよそ1週間後に抜糸をし、仮歯を装着します。その後はインプラントが骨と癒着するのを待ちます。
人工歯の装着
型を基に人工歯を作製します。噛み合わせをしっかり診て調整を行います。最後に仮歯を外して人工歯を装着します。
メンテナンス
定期的にメンテナンスにお越しいただきます。ケアと合わせて続けていただくことで、いつまでもインプラントを保つことが出来ます。

アクセス・診療時間

みのる歯科 浮間舟渡

〒174-0041
東京都板橋区舟渡1-6-22 ベルクス浮間舟渡店 2F
TEL 03-3967-4111

【診療時間】 10:00-14:00 / 15:30-20:30
【休診日】 水曜日
※土日祝は、10:00−13:00/14:00-17:00