みのる歯科 浮間船渡

一般歯科

ご予約はこちら

虫歯治療

虫歯は虫歯菌が出す酸によって歯が溶けることによって発生します。発生した虫歯は自然には治りません。
虫歯が進行することによって歯に穴があき、食事などで歯の内にある神経を刺激することで痛みを感じるようになります。(C1~C2)さらに進むと、歯の内の神経が虫歯菌によってダメージを受け、持続的な痛みを感じるようになります。(C3)
虫歯は下のイラストのように進行し、その段階によって治療方法が変わってきます。

歯の表面の虫歯
穴はあいていないが黒くなっていることが多い。治療方法は、歯を削ったあとレジン(白い詰めもの)で埋める方法やインレー(部分的な被せもの)で形をととのえる方法。
歯の内部に進んできた虫歯
穴があいている。甘いもの、冷たいものがしみる。治療方法は、歯を削ったあとレジン(白い詰めもの)で埋める方法やインレー(部分的な被せもの)クラウン(歯を全部覆う被せもの)で形をととのえる方法。
歯の内部の神経が傷んでいる虫歯
何もしていなくても痛い、寝られないときがある。治療方法は、歯の内部にある神経を取ったあとに、ゴムの詰めものを行い、クラウン(歯を全部覆うかぶせもの)で補強します。
歯がほとんど残っていない虫歯
虫歯がさらに進行すると被せ物ができない程に 歯が溶けてしまいます。 治療方法は、抜歯を行い、入れ歯・ブリッジ・インプラント等の 方法で、噛み合わせを作ります。
※入れ歯・ブリッジ・インプラントについては歯がなくなった方へをお読みください。

このように、虫歯は大きくなればなるほど、歯を削る量は多くなり、虫歯になった部分は元には戻らないということが言えます。 そして当院では、虫歯をつくらないことを大切に考えています。

痛みの少ない安心、安全な治療を

子どもの頃に歯の治療で痛い思いをし、歯医者が嫌いになってしまった人は少なくありません。昔は深いむし歯でなければ麻酔をしないものでしたが、今ではなるべく痛みの少ない治療を行うことが主流になりつつあります。そのため、歯医者が苦手な方でも治療を受けていただきやすくなっています。
痛みは苦痛となるだけでなく、血圧の上昇を招き、深刻な場合はショック症状の原因となることもあります。患者様のためにも、安全で安心の治療を行うためにも、痛みを取り除くことは欠かせないのです。当院は痛みの少ない治療を実現するために、以下のような麻酔方法を用います。

表面麻酔を塗る

歯肉の表面に麻酔をかけることで、注射の痛みを和らげます。

細い針を使う

針は太いよりも細いほうが痛みが少ないため、細い針を使用します。

電動麻酔注射器

電動麻酔注射器で一定の速度で麻酔液を注入することで痛みが発生しにくくなります。

患者様のことを考えた、歯を長持ちさせる治療

むし歯になると、その部分を除去しなくてはならないため、徐々に歯の寿命を削ることになります。歯を残すには、患者様に日ごろから予防を行っていただくことが第一ですが、歯医者としても意識的に治療にあたる必要があると考えております。歯を長く保っていただくために治療の際に当院が心がけていることは以下の2つです。

なるべく神経を残す

神経を除去する根管治療をしてしまうと、歯は弱くなってしまいます。出来る限り根管治療は選択しないようにします。

むし歯の出来にくい被せ物を作る

劣化の少ない最新のセラミックを扱っています。隙間が出来にくいため、細菌が入ってむし歯が再発することがあまりありません。

アクセス・診療時間

みのる歯科 浮間舟渡

〒174-0041
東京都板橋区舟渡1-6-22 ベルクス浮間舟渡店 2F
TEL 03-3967-4111

【診療時間】 10:00-14:00 / 15:30-20:30
【休診日】 水曜日
※土日祝は、10:00−13:00/14:00-17:00